自作コンテナ

はじめに

VRM 5,Onlineで使用できる自作コンテナの作品を掲載しています。ダウンロード・登録をしてコンテナ列車を多様に彩ることができます。

掲載されているデータは、ご自由にお使い下さい。ご連絡などは一切不要ですが、すべて自己責任の下でお願いします。

コンテナデータはzip圧縮して配布しています。ページ下方に掲載しているガイドを参照して、レイアウターに組み込んで下さい。

コンテナデータ集

日本曹達 U19A JOT UR19A Comming soon...
 
Download Download  
国鉄特急色ふう、東海道新幹線ふうと特徴ある塗装のコンテナ。2種類入ってます。 「がんばろう日本」のレタリングが入った青いJOTコンテナ。 JOTコンテナのバリエーションを予定。

I.MAGICのVRM会議室に、コンテナ部品ファイルセンターが用意されています。他の作者さんのコンテナも揃っています。

コンテナデータ組込ガイド

1.圧縮ファイルの解凍

公開されているほとんどのコンテナデータは、zipなどの形式で圧縮されています。まずはそれを解凍し、データを取り出します。

ALZipLhaplusなどの解凍ツールで、適当なフォルダに解凍して下さい。.cnt形式のファイルが保存されます。これが、コンテナのデータです。

2.VRMレイアウターへの組込

ファイルメニューの「コンテナ管理...」から、コンテナ管理ダイアログを開いて下さい。「コンテナ追加」ボタンを押して先ほど解凍した.cntファイルを指定します。「開く」ボタンを押すと登録は終了です。

3.コンテナ車への搭載

編成エディターで組成されたコンテナ車の上で右ボタンを押し、ポップアップメニューから「コンテナ編集」ダイアログを開きます。一覧のコンテナから、お好みのものをドラッグ&ドロップでコンテナ車に載せていきます。

4.完了

3.の作業をすべてのコンテナ車に対して行えば、コンテナの積載は終了です。

注意事項

自作コンテナは、大量に登録するとレイアウター起動時の読み込みに時間がかかるようになる他、メモリを圧迫する原因になりパフォーマンスの低下や最悪の場合OSの異常終了に繋がります。

そのため、コンテナ管理ツールで数ヶ月に1回程度、不要なコンテナを削除するなどのメンテナンスを行うとよいでしょう。自作コンテナはレイアウトファイルに組み込まれるため、ファイルオープン時に不足しているコンテナは自動的に登録されます。

大量の自作コンテナが使用されている公開レイアウトを読み込むと、自動的にコンテナが登録ため同様の不具合が生じる可能性があります。自作コンテナを使用して制作したレイアウトを公開する場合は、公開ページやReadmeにその旨を添記しておくとよいでしょう。

自作コンテナの製作

コンテナは、アイマジック公式で配布されているコンテナエディタと一般の画像編集ツールを使って既存のコンテナの改造をすることができます。3Dモデリングツールを使用すれば完全にオリジナルのコンテナを作ることもできます。

詳しくは、公式マニュアルを参照して下さい。